デリヘルを運営した経験者が語るいくつもの事例と対策をまとめていきます。

デリヘル経営者が悩む事例と対策

求人に関する悩み

デリヘル店は風俗嬢の求人に悩む

投稿日:2015年2月23日 更新日:

店の準備は整ったとしてデリヘル店は、商品である風俗嬢をどうやって仕入れているのでしょうか?いくつかある方法をご紹介したいと思います。

デリヘル嬢を集める方法

デリヘル店は風俗嬢の求人に悩む

1)スカウトマンに頼む

デリヘル店や地域によってスカウトマンの価格はかなりの差があります。高いと1日4万円の最低保障をつけて欲しいとか、安いと女の子の稼いだお金に一定比率で月一集金にくるだけなど本当に価格や条件はかなりの差がありますよね。

状況によりますが、契約単価が高かったり、スカウトマンを定期的に食事に誘うなど交流を深めている店舗は優先的に良い女の子が当然回ってきます。

迷惑防止法条例でスカウト行為が禁止されていても下っ端は駅に立ち、中級クラスは出会い系で捜し、スカウトの幹部クラスは下から吸い上げて旨味があるという内容で、個人のスカウトマンは皆無でどこぞの怪しく仕切る人の下で擬似的な会社的組織系統でいくつものスカウトグループがあるのが現状です。

2)ネットの求人や雑誌に掲載

東京でもデリヘルがたくさん集まるような繁華街ではこの方法は結構効果が見込めるといえます。但し求人関連は掲載料金が高めで田舎では価格と結果を比較して短期間だけ掲載してすぐにやめてしまう店舗が多いのも事実です。

3)お店のホームページで作りこんだ求人ページに誘導

実は東京のデリヘルでもこれが一番効果が見込める様です。

女の子は求人内容だけで本番ありの違法店か本番なしの合法店かの見極めが一切できません。

理由としてあげられるのが求人広告媒体は全てその求人媒体が製作しており違法店と合法店に製作で差をつける事はできないというのが現状だからです。

風俗を初めて面接を考えている女の子も、経験者の女の子も最後に店を選ぶのはお客が見るお店のホームページで決めているだけに、ホームページの製作に注力している店舗は女の子が集まり易いという結果になってきます。

デリヘル店は風俗嬢の求人に悩む

店のホームページを豪華に作り込んでいくことで他にも嬉しい利点はたくさんあります。利用する客だって見るものですから、大きな写真や見やすさ、使いやすさ、わかりやすさなどをしっかりと把握した上でデザインされたウェブサイトはとても見応えがありますし色々な期待ができるものです。

高級店ならば上品な作りをしているのでとても参考になるかと思います。色々な人が見るので自分だけが使いやすいものでは駄目なんですね。見た目が良いサイトには人の目も集まりますので自然と動線ができあがり、たくさんの人の目に触れることになるのです。

デリヘルで見事な女性の獲得をするならば見た目のよいものの方が嬉しい効果があるといえます。

-求人に関する悩み

Copyright© デリヘル経営者が悩む事例と対策 , 2017 AllRights Reserved.