デリヘルを運営した経験者が語るいくつもの事例と対策をまとめていきます。

デリヘル経営者が悩む事例と対策

トラブルに関する悩み 収益に関する悩み 女の子の扱いに関する悩み 求人に関する悩み

風俗店の売上げを上げる為の基本的な考え方

投稿日:

風俗店の売上げを上げる為の基本的な考え方風俗店の基本的な運営方法として常連客を如何に増やすかというのが大事なのは言うまでもありませんが、地元常連客から人気のあるデリヘルと認識させるのにはどういった手法があるのでしょうか。

デリヘルで多い手法のイベントを常時行う風俗店

デリヘルで多い手法のイベントを常時行う風俗店雨が降れば客足が減るなら『雨の日イベント』として割引を行うとか、何かしら期間限定とかプレミア感をつけたイベントを行い電話の鳴りを増やそうと努力するお店があります。

しかし客側からすれば常に何かしらのイベントがあるならお得と考える反面で、今度は通常料金時には返って利用客が避けてしまうという結果になるデリバリーヘルスが多くなっているのです。

新人割引など風俗店の都合で客足を増やしたい時なら判りますが、頻繁なイベントは売上げを落としてしまう結果にも成りかねないだけに慎重にした方が良い場合もあるのです。

利用客が少ない時間帯や日程にイベントは効力を発揮する反面で、よほど電話の鳴りが良いお店でない限りは気をつけるべきかもしれませんね。

デリヘルで地元の常連客を増やすか一見客を狙うのか

デリヘルで地元の常連客を増やすか一見客を狙うのか人口流入が多い繁華街を拠点にするデリヘルとベッドタウンや地方にあるデリヘルとでは運営方法が大きく異なるのかもしれません。

例えば風俗嬢の写真加工などは典型的な例と言えますが、細身でスタイルが良く可愛いとか綺麗な女性が在籍していれば多数の男性客からの問い合わせは多く売上げに直結します、しかしデブ専門店でもない限り太めの女性が出勤しても全く問い合わせは無いに等しくなるのはデリヘルの常識と言えます。

売上げを上げる為に少しでも写真で見栄えを良くして客足を延ばしたいと考えると大幅な写真加工をするしか方法がありません、一時的には可愛い子を狙って売上げは伸びますが、写真と現実が大幅に違えば二度とその男性は騙されたと思って利用を避ける様になるし、不特定多数が閲覧する掲示板などでも不評が多く書き込まれてしまうでしょう。

都内でも有数な繁華街で問い合わせ電話がいくらでも客には困らないという条件ならば客を騙してでも売上げを伸ばすという考え方もありますが、地方などでは常連客を掴まないと短期間で全く売上げが伸びなくなるというのも現実的な話となってしまうのです。

一例で言えば千葉の成田で地元の常連客が多数着いている老舗のデリヘルがあります、成田という地方で細く長く運営するのには写真で選んだ女性がちゃんと案内してくれるというのは、風俗を利用する男性客からの目線であっても『この店なら間違いない』という信用があるからこそ、出勤人数が少なくても在籍人数が少なくても長く利用して貰えるから運営が成り立つのだと思います。

利用客目線でこうした老舗の優良店と有名なのが成田では地元客から人気のデリヘルがある反面で、地域柄でも多数の美人が出勤していると目立つ広告があっても地元客からは避けられる風俗店なども成田には乱立しているという状況もちょっと面白い地域なのかもしれませんね。

繁華街では自宅要望が多いデリヘルがありますが、成田などの地方ではラブホテルの利用率が高いのも確かです、その中でも地元客の利用が多ければラブホテルばかりとなるし、騙してでも広告で一見客を狙うならば成田空港もある関係上でビジネスホテルの利用客が多くなる傾向があるのです。

-トラブルに関する悩み, 収益に関する悩み, 女の子の扱いに関する悩み, 求人に関する悩み

Copyright© デリヘル経営者が悩む事例と対策 , 2018 AllRights Reserved.